スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新しい年を迎えて、あっという間に半月も経ってしまいました。

年々、自分の時間が減っていくような気がします。

年齢的に、そろそろ自分の時間を楽しめると思ったのに

親の介護という現実が。

自分を産み育ててくれたのですから

今度は、子供に戻った親を看るのは当たり前なんですが。

人として超未熟な私は逃げ出したくなります(^^;)

私には姉妹がいますからまだまだ幸せな方ですね。


とりとめもなく今年の初記事が愚痴とは・・・(^^ゞ

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

貴方様にいただいた

安堵と

安らぎと

幸せを

この胸に抱えて

あなた様を想い

あなた様を追い求め

あなた様をお待ちしています。


どうしたんでしょう?

このブログへ来てくださった方や

リンクしてくださった方のブログが

凍結されてる。

3つ?4つ?

ほんの数日前にはちゃんとあったのに。

私のパソコンがおかしいの?って思ったくらい。

規約に引っかかったと言うことなんでしょうが・・・

そんなにガンガン凍結されてしまうと

つまらなくなります。


教えてください。

この身体に。

どこまでもどこまでも

登り詰め

何度も何度も逝くという事を。

貴方に染み込ませてほしいのです。

この身体に

登り詰めたその先が

あると言うことを。


全てを脱ぎ去り貴方の前に立つ。

身に纏った仮面も理性も思考も全てを捨てて。

首輪も縄も私を縛るものは何もない。

唯一つ与えられたもの。

「逝かせてください」

その言葉だけ。


両手を後ろに組み足を開く。

両胸の尖端だけをきつく摘み捏ねる指。

みるみる硬さを増しうめき声が漏れる。

耳を舌が這い噛まれ

首筋へと下りる舌。

肩口を吸われ歯を立てられる。

硬く勃った乳首に与えられる痛みと

噛まれた肩に与えられる痛みの狭間に

尖った快感が差し込む。

  逝かせてくだ。。さい。。。

息を吐き切り絞り出す声。

肩に乳首に更に力が加わる。

  逝かせて。。逝かせてください。

悲鳴にも聞こえる叫び声。

瞬時に身体から離れる貴方。

呼吸を整える間もなく

乳首に舌が這い

身体の中に差し込まれる指。

きつく嬲られ続けた乳房の先を

柔らかに舌が遊び

既に滴り始めたツユを絡ませ奥へと進む指。

  逝か。。せ。て。。くださ。。い。。。

抜かれた指が淫らなツユで濡れる蕾をしごく。

  逝かせて。逝かせて。ください。

芽吹きを待つ蕾に舌が這い唇で摘ままれ吸われ

二本の指が身体の奥深くへと差し込まれ

激しく動く指が数を増し

淫らなツユをまき散らし

  逝かせてください。逝かせてください。

呪文なのか心の声なのか

真っ白な世界に落されてなお

  逝かせてください。逝かせてくだい。

後ろで組んだ手がいつしか貴方の頭を抱え

腰を落とした無様な姿で

  逝かせてください。逝かせてください。

真っ白な世界から引きずり出され突き落とされ

  逝かせてください。逝かせて。。逝かせてください。。。。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。